【一橋祭】東キャンパス撤退が濃厚

来年度以降の一橋祭が、大学からの要請によって、東キャンパスから撤退して西キャンパスのみで開催される可能性が高まってきた。東キャンパス撤退の場合、企画形態の変更は免れず、一橋祭運営委員会は移転計画を策定している。

【報道】新カリキュラム策定へ

 現在本学において、1年間を4つの授業実施期間に分ける4学期制、全学共通教育科目を中心とした卒業要件単位数の削減などを盛り込んだカリキュラム改革案が検討されている。本紙の取材や先月公表された本学の第3期中期目標・中期計画の素案により明らかになった。

【速報】中期計画・中期目標 公表

 今月20日、文部科学省は各国立大学が来年度以降6年間で達成を目指す事項を盛り込…

【報道】司法試験合格率 3年ぶり全国首位に

【報道】司法試験合格率 3年ぶり全国首位に

 先月8日、法務省が司法試験の合格状況を発表した。本学法科大学院からは142人の受験者中、79人が合格。合格率は55・63%と、昨年の47・06%から8・57㌽増加し、3年ぶりに全法科大学院中の首位に返り咲いた。

【報道】塩野谷祐一元学長 死去

 経済哲学の研究で知られる本学の元学長、塩野谷祐一氏が8月25日、肺がんのため死去した。83歳だった。葬儀は近親者のみで同月28日に執り行われた。

【報道】一橋祭 禁酒継続へ

 一橋祭運営委員会は一橋祭における飲酒・酒類販売の再開にむけ活動を行ってきた。しかし、大学側に提出した対策案への返答を得ることができず、今年の一橋祭での酒類提供は厳しそうだ。

【報道】堀部名誉教授 個人情報保護分野最高位の賞受賞

 先月、本学名誉教授である堀部政男氏が、プライバシー・個人情報保護の分野で優れた功績を挙げた人物に授与される最高位の賞である、「ルイス・D・ブランダイス・プライバシー賞」を受賞した。

【報道】中期目標案を提出

 全ての国立大学が先月、中期目標の案を文部科学省に提出した。同省は国立大学に対し、あくまで「自主的に」としつつも、組織再編を含めた改革を要請しており、目標案の内容が注目される。

【報道】自団連費納入率、若干改善

 今年度の自治団体連合費(以下、自団連費)の納入者数は1日現在467人であることが、本紙の取材で分かった。納入率は4割を上回り、昨年度と比べ若干の増加に転じた。

【報道】就職者数が大幅増

【報道】就職者数が大幅増

 本学キャリア支援室がまとめた14年度本学学部卒業生の進路状況が明らかになった。就職者数を就職希望者数で割った就職率は97・07%で、前年度から0・81㌽増加した。