教職課程の≪いま≫  履修者減少、規模縮小  それでも教職を目指す

教員免許は大学生が取得する資格の定番である。しかし、SNSなどで教師の過酷な労働環境が明らかになるにつれ、教員志望者は年々減少傾向にある。本学においても、教職課程履修者の減少に伴って一部教職課程が廃止された。本紙は、教職課程に関する説明の後、このような状況下においてもなお教職課程を履修している3名の学部生に話を聞いた。

安倍元首相国葬挙行  院生自治会が要望書提出  本学の対応は

安倍元首相国葬挙行  院生自治会が要望書提出  本学の対応は

9月27日、安倍晋三元首相の国葬が日本武道館で行われた。当日、本学は特別の措置を行わず、通常通り稼働した。また、本件国葬に際して、院生自治会から学長宛てに、国葬の実施と本学からの弔意の表明に反対する要望書が提出された。

一橋祭実行委員長インタビュー  第53代委員長 酒井拓海さん(社3)

一橋祭実行委員長インタビュー  第53代委員長 酒井拓海さん(社3)

第53回一橋祭が11月18日から20日にかけて開催される。今年度の一橋祭は、現在のところ実地とオンラインのハイブリッド開催と発表されており、実に3年ぶりに大学構内が広く一般に公開されることになる。本紙では、開催形態や特徴的な企画、運営上の工夫などについて、運営委員会委員長の酒井拓海さん(社3)にインタビューを行った。

UNIDOL 2022 Summer  決勝戦/敗者復活戦開催

UNIDOL 2022 Summer  決勝戦/敗者復活戦開催

8月21日、UNIDOL 2022 Summer決勝戦/敗者復活戦が開催された。会場は、紅白歌合戦の舞台としておなじみのNHKホール。数々の有名アーティストも登場したこのステージに、全国から闘志を燃やす女子大生たち全33チームが集まった。

令和4年度 司法試験合格発表

9月6日、法務省が今年度司法試験の合格状況を発表した。本学法科大学院の修了者からは110名が受験し、66名が合格した。

社学研究科 教員再編成へ   2023年度から 入試方式への影響も

本学社会学部・社会学研究科において、2023年度より約20年ぶりに教員組織の再編成が行われることとなった。

佐藤貴之先生に聞く 今こそ考えるロシア語教育の意味

ロシアによるウクライナ侵攻の開始から半年が経った。昨今では、広くロシア社会に対して偏見の目が向けられることが度々ある。そんな中、本学では変わらず、外国語科目としてロシア語の授業が開講されている。そこで今回、本紙では、この世界情勢の中でロシア語を学ぶ意味や指導における意識について 、今年度「ロシア語初級(総合)」と「ロシア語中級C」を担当する佐藤貴之非常勤講師にインタビューを行った。また、授業を履修している2人の学生にも、話を伺った。

くにたち朝顔市開催 3年ぶり対面で

くにたち朝顔市開催 3年ぶり対面で

7月の2日、3日、「第34回くにたち朝顔市」が大学通りの緑地帯にて開催された。国立市の夏の風物詩として人々に親しまれている同市には、様々な屋台も立ち並び、30度を超える猛暑の中多くの人が訪れた。

新学部情報公開 学部構想や教員紹介も

8月5日、インターネット上で本学のオープンキャンパスが開催された。それに伴い、来年度開設予定のソーシャル・データサイエンス学部(仮称)に関する動画が、YouTube上に4本公開された。

第25回KODAIRA祭閉幕 総合優勝は23クラス

第25回KODAIRA祭閉幕 総合優勝は23クラス

6月11・12 日、新歓期の集大成である第25回KODAIRA 祭が開催された。昨年に引き続きオンライン参加が中心であったが、1年生やKODAIRA祭委員を中心に非常な盛り上がりを見せた。12日に行われたフィナーレでは、新歓期総合優勝クラスが発表され、二日間の祭が華々しく閉幕した。