【20年度就職】就職率96.8% コロナ禍の影響は

本学キャリア支援室がまとめた、2020年度本学学部卒業生の進路状況が明らかになった。就職者数を就職希望者数で割った就職率は96・9%だった。卒業生1013人のうち、就職は861人、大学院等進学は90人だった。業種別の就職者数に対する割合は、上位三つが昨年と同じ顔触れとなった。

【オリンピック入賞】ボート部OB荒川龍太選手インタビュー

この夏、一人の卒業生が東京オリンピックの舞台に挑んだ。ボート部OBの荒川龍太選手(平29法)。ボート男子シングルスカルに日本勢として25年ぶりに出場、総合11位という結果を残した。一橋の卒業生では珍しい、スポーツの世界で活躍する荒川選手に、ボートとの出会い、オリンピックでの経験を聞いた。

【国立古本屋探訪】旭通り 三日月書店

所狭しと並べられた本を見上げる。一冊を手に取り、前の持ち主に思いを馳せると、鼻をくすぐるのは古い紙の匂い。懐かしさを誘う場所、古本屋。国立に息づく古本屋の魅力を「深読み」し、紹介する連載企画。今回は旭通りにある三日月書店にお邪魔した。

10月14日、本学ホームページが更新され、令和3年10月18日以降の活動指針がそれまでのレベル3からレベル1に引き下げられた。授業は、感染症対策に最大限配慮し、原則対面で行われる。

2022年度の授業方針が9月29日に本学WEB上で発表された。可能な限り多くの科目を対面授業にするが、大人数科目などの一部科目はオンライン授業を行うとしている。

第52回一橋祭運営委員長インタビュー

第52回一橋祭が11月19日から21日までの3日間に渡って開催される。前年度に引き続き、今年度もオンラインでの開催という運びとなった。前年度を省みての今年度のプランや来年以降の展望に加えて、今回の一橋祭への意気込みについて一橋祭運営委員長の安悠人さん(経3)に話を聞いた。

課外活動許可へ嘆願書 大学の回答は

本学体育会総務と文化団体連合が7月12日に大学当局に提出した「学生団体に対する課外活動許可に関する嘆願書」に対する回答が、9月28日に稲葉副学長によってなされた。回答では嘆願書の内容に対する具体的な言及はなかった。

9月7日、令和3年度司法試験の合格者発表が行われ、石田剛・本学法科大学院長がホームページ上でコメントを発表した。一橋大学法科大学院では、受験者110名のうち、最終合格者は64名となり、受験者に対する合格者の割合は58.2%となった。

9月10日、一橋大学の澁澤塾と東京工業大学のAttic Labが主催するビジネスコンテスト「THIS」が終了した。最終日には、集大成として、全9チームによるビジネスプランコンテスト発表会が行われた。総合優勝チームのメンバーに本コンテストの感想を聞いた。

令和3(2021)年度をもって、経済学部の「学部導入科目(100番台コア科目)」の「経済思想入門」が廃止される。最後の講義は、本年度冬学期にオンデマンド配信で実施される。同科目の廃止に伴い、令和4(2022)年度以降の卒業要件も変更される。