【履修】自由選択科目に注意

卒業単位チェックシート(現2年生向け)  現在の学部2年生は後期課程(3年)進学…

本学OBの中野紘志選手(平23商)が出場するリオ五輪ボート男子軽量級ダブルスカルの13位から18位の順位決定戦であるFinal C行われ、日本代表の大元英照(アイリスオーヤマ)・中野紘志(新日鉄住金)組は6チーム中3位、6分45秒81でゴール。今大会を15位で終えた。

本学OBの中野紘志選手(平23商)が出場するリオ五輪ボート男子軽量級ダブルスカルのSemifinal C/Dが行われ、日本代表の大元英照(アイリスオーヤマ)・中野紘志(新日鉄住金)組は第1組4チーム中3位、7分30秒64でゴール。13位から18位の順位決定戦であるFinal Cへ進むことになった。

本学OBの中野紘志選手(平23商)が出場するリオ五輪ボート男子軽量級ダブルスカルの敗者復活戦が行われ、日本代表の大元英照(アイリスオーヤマ)・中野紘志(新日鉄住金)組は第2組6チーム中4位、7分11秒20でゴール。準決勝進出はならず、11日に予定されている順位決定予備戦へ回ることになった。

本学OBの中野紘志選手(平23商)が出場するリオ五輪ボート軽量級ダブルスカル日本代表ペア(大元・中野)は、予選第3組を5チーム中3位、6分34秒27でフィニッシュした。準決勝進出はならず、日本時間9日23時50分から予定されている敗者復活戦第2組に挑む。

【速報】17年度以降の新時間割が明らかに

7月22日、西本館21番教室で新学期制説明会(第3回)が開かれ、沼上幹副学長(教育・学生担当)が、新学期制・新カリキュラム下での新しい時間割や、在籍中の学生に対する卒業・進学要件などを発表した。

自治団体連合費(自団連費)の納入率が6月17日時点で、56%に達したことが本紙の取材で分かった。自団連費納入率は11年度に5割程度に落ち込んで以来低迷していたが、学部協議会(旧学部自治会)の周知と呼びかけの徹底もあり、過去6年で最高の納入率となった。

リオデジャネイロ五輪で軽量級ダブルスカルに出場する、本学OBの中野紘志選手(平23商)に、競技への思いと一橋生へのメッセージを聞いた。

 18歳選挙権導入後初の国政選挙にあたる参院選が7月10日に実施される。全国の高等学校では、高校3年を対象に「主権者教育」が行われている一方、今の大学生は、「主権者教育」を受けずに選挙権が与えられることとなる。
 いま、高校現場でどのような教育が行われているのか。これまで、主権者を育てる教育は行われてこなかったのか。そもそも主権者に求められる能力とは。教育社会学を専門とする中田康彦教授(社会学研究科)に話を聞いた。

学生の投票率向上を目指した「100% GO VOTE」キャンペーン。キャンペーンを立ち上げた言語社会研究科・小岩信治教授に思いを聞いた。