【特集】ハラスメント問題

【特集】ハラスメント問題

本学の英語教員、ジョン・マンキューソ准教授(森有礼高等教育国際流動化機構全学共通教育センター)からハラスメントを受けたとして、特定非営利活動法人・反レイシズム情報センター代表の梁英聖さん(言社博3)が、ハラスメント対策委員会に訴えたのは2017年2月。今や梁さんが人権救済要請を提出、国立市まで巻き込む問題となっている。

学費値上げ 公聴会&シンポジウム 「授業料値上げの中止を求める国立大学の会」結成

学費値上げ 公聴会&シンポジウム 「授業料値上げの中止を求める国立大学の会」結成

12月7日、本学東キャンパスにて、授業料値上げを考える一橋大学有志の会(以下、一橋有志)と院生自治会の主催で、「公聴会&シンポ 授業料値上げの是非を問う」が開催された。

英語認定試験成績 本学での利用見送りへ

11月29日、文科省が同月1日に、英語認定試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ったことを受け、本学は2020年度以降の入学者選抜における英語認定試験成績の利用を見送ることをWeb上で発表した。

指定国立大学を考える

9月5日、本学は指定国立大学に認定され、ソーシャルデータサイエンス学部の新設や2021年度学部入学者からの授業料値上げなど、多くの学生に影響を与える事項が決定された。指定国立大学が何か、そして学内でどのように承認されたかを取材した。

台風猛威、図書館浸水

台風猛威、図書館浸水

10月12日の台風19号によって、本学図書館の書庫に水漏れが発生した。これによって歴史的資料を含む多くの図書が被害を受けた。被害を受けた図書を乾かすため、本館2階の閲覧席の一部が利用不能になった。

蓼沼現学長 来年8月末で退任へ

10月25日付の学長選考会議において、蓼沼宏一学長は、来年(2020年)度の8月末で学長職を退任する意向を明らかにした。

松井剛ゼミ、ハロウィンのリアルに迫る

松井剛ゼミ、ハロウィンのリアルに迫る

今年9月、松井剛教授(経営管理研究科)のゼミナール15期生が『ジャパニーズハロウィンの謎 若者はなぜ渋谷だけで馬鹿騒ぎするのか?』(星海社新書)を出版した。

くにたち朝顔市 地域とつながる「パーソナル屋台」

くにたち朝顔市 地域とつながる「パーソナル屋台」

7月7日、国立市内で栽培された朝顔を販売する「くにたち朝顔市」が催された。様々な店や屋台が並ぶほか、浴衣・着物を着ている人には、割引価格で朝顔を販売するといった粋なサービスも行われ、足元の悪い中多くの人が訪れた。

中和寮主催シンポジウム開催

中和寮主催シンポジウム開催

7月13日、本学東キャンパスにおいて、自治と学生寮について考えることを目的とした、中和寮主催の上映会・シンポジウム「みんなのだいきらいな自治寮について」が開催された。

プライドフォーラム 始まる

9月より、一橋大学ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)と任意団体「プライドブリッジ」の共同事業「プライドフォーラム」が始まった。