【15年度就職】就職率97.5% 傾向に大きな変化なし

本学キャリア支援室がまとめた15年度本学学部卒業生の進路状況が明らかになった。就職者数を就職希望者数で割った就職率は97・54%で、14年度から0・47ポイント上昇した。大卒者全体の求人倍率も上昇しており、本学の就職率にもその影響が現れた。

【17年度新学期制】新時間割・学年暦を公表

【17年度新学期制】新時間割・学年暦を公表

4学期制が導入される17年度の学年暦と、1コマ105分の新しい時間割が公表された。17年度以降、1限開始が8時45分、昼休みが45分となり、5限は18時55分に終了する。また新カリキュラム導入に伴う負担を抑えるため、16年度以前の入学生に対する卒業・後期進学要件は軽減される。7月22日の「新学期制説明会(第3回)」において、沼上幹副学長(教育・学生担当)が明らかにした。

【青色LED開発】中村修二教授、3日に来学・講演

高輝度青色LEDの発明でノーベル物理学賞を受賞したカリフォルニア大学材料物性工学科の中村修二教授が10月3日に兼松講堂で講演を行った。

【法科大学院】司法試験合格率、2年連続1位

先月、今年度の司法試験合格者が発表された。本学法科大学院の合格率は49・61%で、2年連続の全国1位となった。

【履修】自由選択科目に注意

【履修】自由選択科目に注意

卒業単位チェックシート(現2年生向け)  現在の学部2年生は後期課程(3年)進学…

【速報】17年度以降の新時間割が明らかに

【速報】17年度以降の新時間割が明らかに

7月22日、西本館21番教室で新学期制説明会(第3回)が開かれ、沼上幹副学長(教育・学生担当)が、新学期制・新カリキュラム下での新しい時間割や、在籍中の学生に対する卒業・進学要件などを発表した。

【自団連費】納入率50%超え

自治団体連合費(自団連費)の納入率が6月17日時点で、56%に達したことが本紙の取材で分かった。自団連費納入率は11年度に5割程度に落ち込んで以来低迷していたが、学部協議会(旧学部自治会)の周知と呼びかけの徹底もあり、過去6年で最高の納入率となった。

【1日目】第20回KODAIRA祭

【1日目】第20回KODAIRA祭

4日、20回目となるKODAIRA祭が開幕した。国立はそよ風の心地良い好天に恵まれ、学生と多くの来場者がキャンパスを彩った。

【新学期制学生アンケート】4学期・105分授業 反対派88%

【新学期制学生アンケート】4学期・105分授業 反対派88%

 一橋新聞は5月上旬、「4学期制・学部新カリキュラム導入に関する学生アンケート」を実施し、学部生の16%にあたる652人から有効な回答を得た。17年度から実施される4学期制・105分授業に、「反対する」「どちらかといえば反対する」と答えた学生が全体の88%に達した。新カリキュラムの導入、第2外国語の選択科目化(商・経済学部生)に関しては、反対多数ながらも、およそ3~4割の学生が支持していることがわかった。

【新学期制学生アンケート】属性別回答結果

新学期制学生アンケートの回答結果を学部や学年などの属性別でみた。